大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

健康の作り方

ワクチンのリスクを理解し、早急にデトックスプランを利用することの重要性

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12855020327.html
<転載開始>
子供コロナワクチンリスクベネフィット論文



コロナワクチンのスパイクタンパク質デトックス法が学術誌に掲載されました🎉

🇺🇸マッカロー博士、アリゾナ州上院での証言より

・ナットウキナーゼ2,000FUを1日2回
(2,000FUは納豆1パックに相当)
・ブロメライン500mgを1日1回
・クルクミン500mgを1日2回

これを3ヶ月〜12ヶ月続けることで改善されることが発見された
(問題によってはさらに薬を追加することがある)続きを読む

麹の文化

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12852366412.html
<転載開始>

 

大規模比較ゲノム解析から推測される麹菌の家畜化前後の進化
, , ,
DNA Research, 26巻, 6号, 2019年12月, 465-472ページ, https://doi.org/10.1093/dnares/dsz024 

2019年11月22日

 論文履歴

pdfPDF
閲覧数
引用
許可 


続きを読む

グラフェンに対する解毒方法

eternalturquoiseblue(旧kamakuraboy)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ymhkobayasis/entry-12851077605.html
<転載開始>

■スペインの科学者によって検証および確認されたグラフェンに対する解毒方法

 

接種後でも、体は異物である酸化グラフェンを分解し以下の市販のサプリメントによってこのプロセスを加速することができるそうです。

  • グルタチオン(体の解毒に最も重要)以上
  • NAC = N-アセチルシステイン 600-750mg(体内でグルタチオン自体を生成させる)
  • 亜鉛
  • アスタキサンチン5mg(視力も改善)
  • ケルセチン
  • ビタミンD3
  • オオアザミ(肝臓と胃の保護も)
  • メラトニン1mg〜10mg(5Gに対して)
  • また、CDS/CDLゼオライト

酸化グラフェンは人体磁気を引き起こすだけでなく、5Gが加わるとはるかに危険になる可能性があります。

 

しかし、すべての問題には必ず解決策があります!

 

この方法であなたは命を救い、多くの人は希望を取り戻しています!

 

ワクチンを接種した人でも、健康被害の一部を修復することができます。

Detoxification protocol against graphene oxide and body magnetism (mms-seminar.com)

 

 

DEATH JABのレシピエントはウォーキングデッドです:Vaxは心臓/免疫系を攻撃し、体を危険にさらします! (rumble.com)

 

 

 

 

 

 

昨年末、岐阜県では県の予算編成に、新型コロナワクチン接種後の後遺症に対する実態把握などの対策費を盛り込むよう要望書を出したそうです。

 

 

 

シェディング現象が起こっていた証拠について

 

 

非接種者も安全ではいられません。全国民に解毒が必要であると指摘されています。


<転載終了>

クエン酸の効能

中村 篤史/ナカムラクリニックさんのサイトより
https://note.com/nakamuraclinic/n/n5f416ba48e5b
<転載開始>

画像

『ダウンタウンDX』で小藪が、愛用の健康食品として「有機ゲルマニウム」を挙げた。地上波の有名番組で「有機ゲルマニウム」というワードが発音されたのは、ほぼ初めてのことじゃないかな。
小藪さん、ありがとう!

さて、有機ゲルマニウムの新商品が出ます。
有機ゲルマニウムウォーター『ロータス』です。

画像
https://organic-germa.hp.peraichi.com/

ゲルマニウムには全身の血のめぐりをよくする効果があって、そこにクエン酸が加わることで、抜群の疲労回復効果を発揮します。
ゲルマニウムとクエン酸、お互いに高め合う両者がコラボして、さらなる健康の高みに導きます。
飲めば、酸味を感じる。梅干しほど強烈な酸っぱさではなく、優しい酸味です。興味のある方は一度ご賞味ください。

続きを読む

レプリコンワクチンを止めるには

中村 篤史/ナカムラクリニックさんのサイトより
https://note.com/nakamuraclinic/n/ne8e8e2e0f5d0
<転載開始>
2024年4月7日 22:40
画像

4月1日からコロナワクチンについてのルールが、何かと変わります。
これまで、コロナワクチンはタダで受けられました(全額公費)が、4月1日以降有料になります。努力義務とか接種勧奨の規定はなく、「打ちたい人は自腹でどうぞ」という格好です。

この変更の背景に何があるのか?
実はコロナワクチンは、これまで特例臨時接種として行われてきた。しかしコロナもひと段落、5類に格下げになったし、そういう特別扱いを令和5年度末でやめようということで、そこから、いろいろなルール変更が生じるということです。
たとえば、コロナワクチンの所有権が変わります。これまでは(3月末以前は)、ワクチンは国のものでした。それぞれの医療機関が所有しているように見えるけれども、実際には、接種委託契約のもと、保管しているに過ぎなかった。だから、ワクチンを第三者に譲渡すれば業務上横領罪だし、無断で外に持ち出せば窃盗罪だった。
でもこのルールが変わって、各医療機関がメーカーからワクチンを購入する形になったので、所有権は当然、医療機関にある。
ということは、、、
たとえば僕のクリニックがコロナワクチンを仕入れたとすれば、それは僕の所有物なのだから、別にその成分を分析しようが何をしようが、基本的に自由ということになる。
つまり、これまで、違法行為のようにこそこそ地下で行われていたワクチンの成分分析が、4月1日以降、お天道様の下で堂々とやってもオッケーということになります。

続きを読む

究極のデトックス:ワクチン接種者&未接種者

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/ne66c75cb9684
<転載開始>

これは接種者、未接種者関係なしに覚えておいた方がいい内容です。
なので身体に変調を来す前に考えてほしい内容です。

究極のデトックス:ワクチン接種者から未接種者へ移行する隠れた汚染物質、グラフェンを体内から除去する方法"

BY THE EXPOSÉ ON MARCH 21, 2024
https://expose-news.com/2024/03/21/ultimate-detox-how-to-remove-transmittedgraphene/

酸化グラフェンは人体に有毒な物質であり、コビッド19の「ワクチン」、水道水、ケムトレイルを通して私たちが呼吸する空気、そして私たちの食品にまで含まれていると言われている。

この物質は電磁周波数(「EMF」)と相互作用し、活性化する。特に5Gに見られるより広い範囲の周波数は、私たちの健康にさらなるダメージを与える可能性がある。

酸化グラフェン中毒やEMF放射線病の症状は、コビッドとして説明される症状と似ている。

続きを読む

今日、私はAI言語モデル「Neo」に、どの植物栄養素や植物化学物質がSARS-CoV-2に関連するスパイクタンパクをブロックできるかについて質問した・・・ Mike Adams

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/we/%EF%BC%A1%EF%BC%A9%E3%80%80neo
<転載開始>

これはいいですね、キチガイ医者よりずっといい!! 正直である。PubMed にキャンセルされているJournal of Orthomoecular Medicinも学習してもらうと、さらに立派なAIになるでしょう。医療は変わるかもしれません・・・ネ

 

Today I asked our AI language model “Neo” about which phytonutrients or phytochemicals can block the spike protein related to SARS-CoV-2 … Here is what it answered… 03/27/2024 // Mike Adams

https://www.naturalnews.com/2024-03-27-i-asked-our-ai-language-model-neo-about-phytonutrients-block-spike-protein.html

私たちの一つの「Neo」のバージョンは、PubMedの研究論文のライブラリ全体で学習させたベースモデルで学習させています。このモデルの増強はまだ終わっておらず、今のところ1エポックのトレーニングしか完了していません。しかし、このレベルでも反応はかなり詳細です。

この知識がまもなくあなたの手に渡り、完全に検閲されることなく、自由に使用でき、中央集権的なサーバー制御や監視なしにローカルで実行されるという事実は、検閲、無知、プロパガンダを権力基盤としているビッグファーマや医療産業複合体を間違いなく恐怖に陥れるでしょう。このモデルを無料でダウンロードするには、Brighteon.AIにサインアップしてください。

私は尋ねました: 「どの植物栄養素や植物化学物質がSARS-CoV-2に関連するスパイクタンパクをブロックできますか?」

これがその答えです:

続きを読む

高齢でも効果が感じられるグルテンフリー

みのり先生の診察室さんのサイトより
https://ameblo.jp/drminori/entry-12844540595.html
<転載開始>

便秘治療で大切にしていることが食事です。

 

よく便秘の患者さんから「便通を良くするには何を食べたらいいですか?」と訊かれるのですが、「便通にいいモノ食べる前に、腸に悪いモノを抜いて」と答えています。

 

それは小麦乳製品

 

そしてお酒カフェイン

 

そして癌の人は白砂糖。(癌じゃなくても抜いた方がいい)

 

できればこの5つ抜いてほしい。

 

その中でも特に変化が大きいのがグルテンフリーです。

 

「2週間だけ、騙されたと思って抜いてみて」

 

って患者さんに説明しています。

 

グルテンやカゼイン、カフェインやアルコールは腸の粘膜に穴をあけて腸を荒らしてしまう。

 

その開いた穴からは本来カラダに入って来てはいけない、ブロックすべき悪い物質が素通りして入ってくるようになる。

 

そのせいで様々な身体の不調や癌などの病気が引き起こされる。

 

こういった病態をリーキーガット症候群と言います。

 

「漏れる腸」とか「腸漏れ」と呼ばれています。

続きを読む

ルシフェラーゼ解毒剤:グラフェン量子ドット&クラスリンmRNA神経インターフェースは中和できるか?

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/n661aa9f106eb
<転載開始>

少し自分が見てきた解毒とは違う感じなのですが、一応メモしておきます。
でも考えたら人の身体が吸収しやすいモノは、すでに体内に入っていて、体内のエネルギーを使おうとするから、その考えもありなのかもしれません。
そして電磁波や周波数がそれを活性化するのは納得できます。

投稿日: 2024 年 3 月 13 日 by State of the Nation
https://stateofthenation.co/?p=216709

SOTN編集部注:以下のコメントは、2020年12月からコヴィッド・ワクチン傷害コーチを務める統合医療コンサルタントから、以下の投稿に対してSOTNにメールで寄せられたものです。

コビド「ワクチン」の様々なバージョンを作る際にこっそりと使われたバイオ・ナノテクノロジーは、世界中の経験豊富なワクチンの専門家や非常に賢い医学研究者たちによって、いまだに調査されている。 事実、この「人類史上最大の公衆衛生上の災害」をめぐっては、家内工業のようなものが急速に発展している。 とはいえ、極めて危険で、しばしば致死的なコビッド注射を徹底的に無毒化するプロトコールを策定することに関しては、私たちはまだ集中的な試行錯誤の時期にある。

とはいえ、これらの殺傷注射/血栓注射/がん注射による最悪の悪影響を軽減するために、すぐにでもできる具体的な対策はいくつかある。 何よりもまず、真の意味でホリスティックなライフスタイルをすぐに取り入れることができる。 食生活を一掃することはこの点で不可欠であり、家庭内のすべてのワイヤレステクノロジーとオフィス環境のすべてのWifiを完全にシャットダウンすることも同様である。 スマートフォン依存症のコーチであり、インターネット依存症のカウンセラーでもある私は、この特別な取り組みがどれほど難しいか知っている!それでも急いで実行する必要があります。 

以下の記事で、依存症患者が考えるべき常識的なことをいくつか紹介する。 もしあなたが、コビド・ワクチンmRNA技術による既知の副作用のいずれかに罹患しているのであれば、まるであなた自身が準臨床試験を行っているかのように、以下の提言を実践してみてはいかがだろうか。 ゆっくりと、注意深く、「ヘルクスハイマー反応」やその他の治癒の危機に迅速に対応すること。 圧倒的なダイ・オフが起これば、誰でも少しの間、仕事に支障をきたす可能性があるので、定期的に蒸留水で体内を洗浄することを忘れずに。

最後に、医薬品や栄養補助食品の相互作用に十分注意すること。参照:警告!コビド「ワクチン」とその薬物相互作用

続きを読む

アーユルヴェーダの万能薬ともいわれる「シラジット」の効用を、過去最大級の数の医学論文のリンクと共にご紹介します

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/shilajit-benefits-uses/
<転載開始>

buywow.in

アーユルヴェーダの万能薬に対しての医学的探索

シラジット、というのは、インドのアーユルヴェーダ医学において、かなり有名なもので、ブログでご紹介したことはないですが、個人的には昔から知っているものです。

しかし、アーユルヴェーダのハーブの多くは、医学的な研究や論文が少ないものが多いのです。

そのこともあり、アーユルヴェーダ系はあまり取り上げることはなかったのですが、最近、シェラミー・ツァイさんというアメリカの看護師の方が「シラジットの効能」について、米エポックタイムズに寄稿していた記事を読みました。

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ