大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

健康の作り方

ポストバイオティクスという選択

みのり先生の診察室さんのサイトより
https://ameblo.jp/drminori/entry-12841265534.html
<転載開始>

診療所では薬を使わない便秘治療ということで「発酵素するり」「FK23乳酸菌」を使ってきました。

 

便秘には「発酵素するり」を処方することが多いですが、「FK23乳酸菌」でも便通が良くなったという患者さんもたくさんおられます。

 

「FK23乳酸菌」については市販品もあるようですが、診療所で扱っているものは医療機関専用のもので、市販品とは異なります。

 

だから市販品であまり効果を感じられなかったという患者さんでも、医療機関専用のものだとちゃんと効果を感じられたというケースもあります。

 

また「FK23乳酸菌」は下痢にも使えるのが嬉しい。

 

便秘の治療よりも下痢の治療のほうが難しいので、むしろ下痢の患者さんから有難がられているほど。

 

「発酵素するり」も「FK23乳酸菌」もダメ、どっちも効かない・・・という場合は腸を黒くしない下剤を出します。

 

他に何か選択肢はないものか・・・と思っていたところ、昨年参加した栄養療法の学会で「ポストバイオティクス」の存在を知りました。

 

今まではプロバイオティクス(生きた微生物)とプレバイオティクス(微生物のエサ)の2種類でした。

 

ちなみに「FK23乳酸菌」はプレバイオティクスです。

 

「発酵素するり」は微生物を含みませんが、米のとぎ汁と豆乳でプロバイオティクスを作ることができます。

続きを読む

甘酒は飲む点滴と言われていますね

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12841852254.html
<転載開始>

  


<転載終了>

生姜は多くの健康状態への治療に使用されます

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/n7bb45d700207
<転載開始>

ローダ・ ウィルソン著 2024 年 1 月 27 日
https://expose-news.com/2024/01/27/ginger-is-used-to-treat-many-health-conditions/

ショウガの根の抽出物には400以上の化学物質が確認されており、研究者たちは新たな物質の発見を続けている。

生姜は伝統的に炎症を抑えるために用いられてきた。2023年の研究で、生姜の明らかな抗炎症作用の根底にある生物学的メカニズムの証拠が示された。

生姜は胃の排出を促進することで腸に良い影響を与え、胸やけの可能性を減らす。他のスパイスと並んで、腸内細菌叢の多様性を高め、ひいては長期的な体重増加を抑制するのに役立つ。

生姜は、月経、変形性関節症、偏頭痛、遅発性筋肉痛に伴う痛みを緩和することができる。また、降圧作用や抗血小板作用による心保護作用も発見されている。

続きを読む

【※即消されます】ついにわかったアレの解毒方法

【※即消されます】ついにわかったアレの解毒方法
https://www.youtube.com/watch?v=6OB7cJAYLSE

ダニエル社長の週刊ニュース


偽物のはちみつの見分け方

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12838355068.html
<転載開始>


<転載終了>

松パワーの真実を広めよう!フラボノイド、グルタチオン、プロアントシアニジンなど

玉蔵さんのサイトより
https://golden-tamatama.com/blog-entry-matsu-power.html
<転載開始>

ヒャッハー!

さて、一昨日は新春! 豪華 松づくし料理!
皆様、ご参加ありがとうございますた。

いや〜松パワー凄かったですね。

知れば知るほど松の凄さが分かりますたね。

以下は、かの有名な和漢三才図会からです。

松に関してこのような記述がありますた。

悪性のできもの、腫れ物等の皮膚病を治 し、五臓を安んじ、熱を解き、葉をぬりて、牙 を固め、虫歯を去る

これって癌が治るってことですよ。

松には24 種類のアミノ酸が含まれている。
それに、フラボノイド、プロアントシアニジン等々。

強力な栄養素が含まれる脅威の植物だった。

例えば、今話題のグルタチオン。

続きを読む

農薬/マイクロプラスティックは菌で分解される!

Walk in the Spiritさんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202401060000/
<転載開始>
チョッとカルチャーショックな話題、

https://twitter.com/natsue_kin25

​農薬とかマイクロプラスティックも菌で分解される!

およよ、

あまり、気にするな!
と言うことだな、

以下、twitterから抜粋で、

肉や乳製品は後にして、
まず野菜/発酵食品を先に摂る、​

続きを読む

ナノテク反応媒体のデトックス法の1つ: Nixon 博士自身が実践中

ザウルスの法則さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/f06cd80c319ba57979abdcebe391a9c6
<転載開始>

ナノテク反応媒体のデトックス法の1つ: Nixon 博士自身が実践中

 

Nixon 博士については14か月前に以下の記事で紹介済み。

動画: 構築・解体・再構築をする体内チップ? 動いている! これが接種者に?

 

ここで「反応媒体」と言っているのは、1年前からザウルスが提唱している用語である。

「5Gワクチン」もしくは「5Gワクチン兵器」と呼ぶべき理由

5G+反応媒体説:兵器研究家マーク・スティール氏の動画解説

「酸化グラフェン」 をワクチンとの関連で日本で最初に取り上げて紹介したのは当ブログの記事(2021-07-03)であった。  “磁石人間” の原因はグラフェンか?

続きを読む

梅はほんとに凄い

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12834104819.html
<転載開始>

 

"梅はほんとに凄い🔥"
・強力な抗がん作用
・ミトコンドリア増える(これが凄い)
・ピロリ菌99.99%死滅
・カンジダもさようなら
・炎症もきれいさっぱり
・体をアルカリ化してくれる
・免疫高める
・インフルや風邪にも◎

自然療法家の東城百合子先生は
梅は腸のいっさいの病気を治すと言ってた。

続きを読む

腸はだいじにしないとね。玉ネギの皮粉末

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12833506417.html
<転載開始>

 最強の腸活食材 "玉ねぎ"

玉ねぎに含まれる"ケルセチン"は抗生物質で破壊された腸内環境すらも再生させるとか神すぎる!!

さらにうま味調味料にやられた腸まで改善してくれるみたい!!

ケルセチンは腸活にめちゃめちゃいい。

抗生物質で乱れた腸内細菌バランスも整えてくれるくらいだから、マックとか食べたり、暴飲暴食した後に摂取すれば腸をリセットできると思う。
人工甘味料で乱れた腸も正してくれるんじゃないかな?

ケルセチンには他にもすごい効果がある
・腸内環境の改善
・亜鉛を細胞内に入れる
・抗アレルギー作用
・抗炎症作用
・腸の炎症も取ってくれる
リーキーガット改善(腸もれのこと)
・抗酸化作用
・関節痛み
・筋肉の減少を抑える
・血流を良くする

おススメの摂取方法は玉ねぎです。ケルセチンのほかにも食物繊維などを含み腸活にもってこいです。
皮は向いて日光に当てるとケルセチンの量が何倍にも増えるのでおススメ。

あとは玉ねぎの皮の粉末を食事やスープにかけて取るのも最高!

量よりも腸内細菌にとっては毎日継続していくことが大切。


<転載終了>
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ