大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

エボラ出血熱・デング熱

終わりなき恐怖のメリーゴーランド:WHO、エボラ出血熱のリスクは「非常に高い」と発表 Ethan Huff

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d81a063314ca668eadeaaea8355cec84
<転載開始>
Endless fear merry-go-round: WHO says Ebola risk is now “very high”
終わりなき恐怖のメリーゴーランド:WHO、エボラ出血熱のリスクは「非常に高い」と発表 Wednesday, March 10, 2021 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-03-10-who-says-ebola-risk-now-very-high.html# 



ナチュラルニュース)武漢コロナウイルス(Covid-19)のヒステリーに人々が飽きてきたので、世界保健機関(WHO)は、世界が恐れる次の大きな厄介者としてエボラ出血熱に移ろうとしています。

国連機関は、エボラ出血熱の危険度を「非常に高い」に引き上げ、ギニア全土で感染者が「噴出」し、周辺国にも広がっていると主張しています。
続きを読む

ブラジルで「未知の新型ウイルス」が発生。700人以上にデング熱のような感染症の症状

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/unknown-nove-virus-infections-appea-in-brazil/
シュミレーションにブラジルからと云うのがあったような?
<転載開始>

・学術誌プロスワンより。 journals.plos.org
続きを読む

インドネシア:デング熱と新型コロナウイルスが同時に感染拡大。デング熱には、すでに1万6000人が感染し、100人が死亡

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/dengue-fever-outbreak-indonesia-100-fatalities/
<転載開始>

Media Indonesia
続きを読む

1980年代に南アフリカで武器化されたエボラを作り出した秘密プロジェクト 「その生物病原体が破壊されたことを確認する記録はない。」 By Daniel Taylor

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/cff6ae1a97c375ad073bd6a8744ed1f6
<転載開始>
1980年代に南アフリカで武器化されたエボラを作り出した秘密プロジェクト 「その生物病原体が破壊されたことを確認する記録はない。」 By Daniel Taylor Global Research, October 20, 2014 Old-Thinker News
https://www.globalresearch.ca/secret-project-created-weaponized-ebola-in-south-africa-in-the-1980s/5408896



1980年代初頭のアパルトヘイト時代に南アフリカで事業を行っていたウーター・バッソン[Wouter Basson]博士は、Project Coastと呼ばれる秘密の生物兵器プロジェクトを立ち上げた。 このプロジェクトの目標は、黒人人口を殺すか不妊化し、そして政治的敵を暗殺する生物学的および化学的薬剤を開発することであった。 開発された病原体の中には、マールブルグとエボラウイルスがあった。

続きを読む

ナイジェリアでラッサ熱流行、今月だけで41人死亡

ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/17738614/
<転載開始>
ナイジェリア・エド州の病院で、ラッサ熱患者の治療に使われた物品を廃棄する医療関係者(2018年3月6日撮影、資料写真)。(c)PIUS UTOMI EKPEI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】アフリカ中西部ナイジェリアでラッサ熱が流行しており、今月だけで計41人が死亡した。同国疾病対策センター(NCDC)が28日、発表した。感染が確認された地域が広がっているとされる。

 同センターによると、今月初めから26日までに19州で確認された感染者数は計258人に上り、うち5人は医療関係者だという。

 ラッサ熱はナイジェリアの風土病で、エボラ出血熱やマールブルグ病と同じウイルス性出血熱だが、致死率ははるかに低い。

 ネズミのふん尿を介して感染し、発熱に始まり、最悪の場合は出血や臓器不全をもたらす。

 ナイジェリアでは1年前にラッサ熱の流行が宣言され、昨年の死者数は約170人に達した。

 乾期の1月は、その気象条件により感染者が増加する傾向にある。

【翻訳編集】AFPBB News

<転載終了>
 

「日本にエボラがやってきた」 バイオセーフティーレベル最高位の5種類の病原体が東京武蔵村山の施設に搬入される

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/ebola-is-now-coming-to-tokyo-japan/
隠蔽体質の日本だから西に引っ越した方がいいかもですね。
<転載開始>
投稿日:

2019年10月17日のアメリカの科学メディアの報道より

sciencealert.com

続きを読む

また緊急事態条項を作るためにエボラウイルスを活用するんですか

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12530981049.html
<転載開始>
こちらは、アラビア語を日本語に翻訳して掲載したもの。↓
だから、アラビア語圏の人々はもうこの事を知っていると言うことですね。

日本は東京オリンピックのために致命的なウイルスを輸入している

東京(ロイター)-日本の公衆衛生当局は、来年の東京オリンピックに先立ち、感染症に対する予防措置を強化する方法を開発するために致命的なウイルスを輸入したと述べた。

サイト(日本アラビア語)によると、5つの致命的なウイルスの株がテストで使用するためにブランチオフィスに到着したという国立感染症研究所。

これらは、エボラ、南アメリカ、ラサ、クリミア、コンゴ、マールブルクです。
ウイルスは最高レベルの生物学的安全性を備えた実験室に保管され、4番目のレベルは、研究所が最も危険な病原体を処理できることを意味すると当局は述べた。


続きを読む

エボラ偽旗始めましたので、「緊急事態」と「ワクチン」よろしくお願いいたします。

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5d0ff4dbf078c6a76feff1e28e9723d3
<転載開始>
エボラ疑い、政府が情報連絡室を設置 2019/8/4 10:24 (JST) ©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/530557238741206113

 政府は4日、埼玉県の女性がエボラ出血熱の疑いがあると判明したことを受け、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置したと発表した。安倍晋三首相は、女性の治療や検疫の着実な実施などを指示した。





高熱女性からエボラウイルス検出されず 2019/8/4 16:02 (JST)8/4 16:17 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/530642421399405665

 厚生労働省は4日、エボラ出血熱が流行するコンゴから帰国後に高熱を出した埼玉県の女性について、血液検査の結果、エボラウイルスは検出されなかったと発表した。


続きを読む

エボラ騒ぎ 安倍ちゃん確認もせずにツイート 

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12501512255.html
<転載開始>
なかさんからの情報です。
早速過去記事で予測したことが起きましたね。
エボラ騒ぎですよ
ワクチン打たないでね
って打たれますよ
エボラにかかります。
なかさんもいってるように
エボラは空気感染しません
症状のない患者からも感染はしないんです。
さて、エボラ騒ぎをどうやって拡大していくか
注意しながら見ていきましょう

なかさんからいただいたコメントです。↓

スレチですが

さっそく起きたのか…

また、エボラ出血熱は一般的に、
症状のない患者からは感染しません。
空気感染もしません。
詳細についてはこちらをご覧ください。

https://t.co/R47Czg66ou・ 首相官邸(災害・危機管理情報) (@Kantei_Saigai)August 4, 2019
mhlw.go.jp→エボラ出血熱の感染があり得る患者の発生について

続きを読む

埼玉の70代女性がコンゴから帰国後に高熱 エボラの疑いで検査

ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/16877949/
<転載開始>
厚生労働省は4日、埼玉県の70代女性がコンゴから帰国した後、38度以上の高熱を発症したことを発表した。患者の検体を国立感染症研究所で検査しているが、現時点ではエボラ出血熱の感染は確認されておらず、検査結果が陰性となることも十分にあり得るとしている。また、エボラ出血熱は発症段階で初めて感染力を持つとされており、患者が搭乗していた飛行機に同乗していた乗客の感染リスクは極めて低いと考えられるとのこと。

患者が7月31日にコンゴ民主共和国から帰国した後、検疫所において健康監視を毎日実施していたという。3日に発熱が確認され、現在は東京都の医療機関に入院。インフルエンザA型の陽性反応もあったという。厚労省は国立感染症研究所での検査結果が判明次第、公表するとしている。

◆エボラ出血熱とは
エボラウイルスに感染すると、2~21日(通常は7~10日)の潜伏期間の後、突然の発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等の症状を発し、次いで、嘔吐、下痢、胸部痛、出血(吐血、下血)等の症状があらわれる。
発症している患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)や患者の体液等に汚染された物質(注射針など)に十分な防護なしに触れた際、ウイルスが傷口や粘膜から侵入することで感染し、一般的には症状のない患者からは感染しないという。また、空気感染もしないとのこと。

エボラ出血熱の感染があり得る患者の発生について(厚生労働省HP)


<転載終了>
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ