大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

噂の真相-真実を追い求めて

地球原住民の生き残りが日本人(4)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
<転載開始>

日本人の発祥の地、高天原は飛騨・乗鞍である!


西洋の捏造史観に騙され続けてきた日本人!


本来ならば、2万年もの長きに渡って栄えた縄文時代について詳しく検証していきたいところであるが本格的にこの道に入ってしまうと考古学の世界になってしまう。


私の生涯を捧げても全貌は解明不可能である。


よって今回は日本列島に国家という形態が生まれたとされる、天孫降臨について検証していきたい。


その前になぜ国家というものが必要になったかを簡単にご説明させて頂きたい。


太古の縄文人は自然と共生する農耕民族であった事は、遺跡からも検証済みである。


自然破壊・環境破壊は無かったと思われる。


つまり文明の暴走による自滅の危険性も無かったのである。


純日本人である縄文人の神とは、八百万の神々であって絶対神では無い。


続きを読む

地球原住民の生き残りが日本人(3)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
<転載開始>

純日本人は渡来人ではない!


縄文式土器は世界最古の土器である!


日本人の脳の特殊性は既にご紹介した。


即ち、朝鮮人も中国人もモンゴル人とも全く異なるものである。


よって純日本人は太古の時代から存在していた事になる。


さらに縄文式土器についてご紹介する。


縄文式土器


日本国内で発見された縄文式時の年代は、およそ1万6000年~2万3000年前。

続きを読む

地球原住民の生き残りが日本人(2)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
<転載開始>

真の支配者が西暦という世界標準システムを構築!


日本伝統の暦を破壊したのは何者か?


北朝鮮と韓国。


同じ朝鮮民族でありながらも実に不幸な歴史を歩んでおります。


真の支配者に翻弄され、時には大きな犠牲を強いられます。


教育システムも政治体制も朝鮮人自らの意思で行っている訳ではありません。


すべては朝鮮人を完全支配している95歳のロックフェラー家の当主の企てなのです。


もちろん、この当主に従う朝鮮人権力者が悪いのでありますが・・・


しかしながら、朝鮮人は自ら宿命を背負っていると言っても良いでしょう。


朝鮮人は海外に出て初めて自国の虚像を知ると言われます。


比較的、韓国の芸能人は来日の機会が多くカルチャーショックを受けやすい様です。


続きを読む

地球原住民の生き残りが日本人(1)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
<転載開始>

左脳を酷使する日本人は太古から続く地球固有の種族である!


日本人の絶滅を企てる闇の勢力は実在する!


皆さんは太田龍という人物を御存じであろうか?


御存じ無い方は下記のリンクを御一読願いたい。


太田龍


今回のブログは、この太田龍氏が結論つけた日本人=地球原住民説をご紹介したい。


私が太田氏に注目した理由は、大きく5つある。


①日本人の起源と縄文・弥生文化が描かれている。


②神話と天皇家について論じている。


③人類の戦争と虐殺の歴史の謎が論じられている。


④新世界秩序、即ち世界政府構想について論じられている。


⑤地球人類総家畜化計画を目論んでいる者の正体を明確に示している。



簡単に申し上げれば、この西洋文明たるものの本質は戦争である。


続きを読む

レプタリアンの追跡(3)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
<転載開始>

正式名はヒト型爬虫類

(-がたはちゅうるい、Reptilian humanoids)


少女の血液が大好物のバンパイヤ!


さて私事でありますが、本日で禁煙10日目である。
噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


真実の探求に興味のある方は、また私の独り言をご拝読下さい。


ヒト型爬虫類 (wiki)


レプタリアン又はレプティリアンと称される。


本日は、私の主張したい事が網羅されているブログを発見したので、転載させて頂く。



続きを読む

レプタリアンの追跡(1)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
<転載開始>

人類史の影にレプタリアン


第3次世界大戦迫る!


私は今年1月からブログを始めた。
噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


以前からの読者の皆様方が、このタイトルをご覧になったら失笑するであろう。


ついに頭がおかしくなったかと・・・


考えても見てほしい。


例えば貴方が単身で北朝鮮に行き、金正日を崇拝している人民を相手にして「貴方がたは騙されている」と言ったところで相手にされない。


それどころか逆に自分の命が危険にさらされる。


我々は北朝鮮のニュースのおばちゃんを見て笑っているが、北朝鮮で大勢の人前では絶対に笑えない。

続きを読む

天皇家と尾張氏

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
独り言です
尾張ってここに繋がっていたのかな??
<転載開始>

織田信長は皇族であった尾張氏の末裔である!


大化の改新以前の日本史は、藤原氏によって捏造・抹消されたのか?


読者の皆さん、こんにちは。


本日はひな祭りであります。


世の中、理不尽な事柄が次々とおきております。


どう考えても納得できない政治が行われております。


正義とはなんでしょうか?


一般庶民の為の政治は存在するのでしょうか?


私は前回のブログで、霞ヶ関の総元締めが藤原5摂家である事を記述しました。


権力者に逆らう輩は、必ず消されるのが世の常。


続きを読む

日本を支配する闇の権力者達(1)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
<転載開始>

皇室は権力者達の絶対的な隠れ蓑である!


日本国の正体は藤原家による中央集権国家か?


アメブロ版の読者の皆様、ご無沙汰しておりました。


またしてもブログ更新が滞ってしまいました。


結局、今月は2度の更新で終わりそうです。


そろそろ政治家を操っている霞ヶ関の権力構造と、黒幕の正体を御紹介していきたいと思います。


更に、黒幕の総元締めによる世界政府樹立についても順次、お知らせ致します。


記事の性質上、私個人の妄想と捉えて頂いて構いません。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



続きを読む

日本を支配する闇の権力者達(2)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
<転載開始>

官僚機構とは幕藩体制そのものである!


仮説・霞ヶ関の正体は徳川幕府なのか?



読者の皆さん、こんばんは。


すっかり春モードです。


もう間もなく桜の時期が到来します。


さて、前回のブログで物部氏、蘇我氏より古い尾張氏の存在をクローズアップさせて頂いた。


尾張氏とは、皇族だったのである。


そして、熱田神宮を代々守ってきたのである。


尾張氏とは、三種の神器の内の一つを任される程、皇室の信頼が厚かったのである。


中大兄皇子と中臣鎌足。


後の天智天皇と藤原鎌足。


悪役は蘇我氏。


皇族でもあった、物部氏と蘇我氏は表舞台から退いたのである。


続きを読む

日本を支配する闇の権力者達(3)

噂の真相-真実を追い求めてさんのサイトより
http://kenshin2013.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
<転載開始>

300年間で築き上げた鉄壁の徳川幕藩体制!


明治天皇は徳川慶喜の義弟だった?


読者の皆様、こんにちは。


東日本大震災に伴う、福島原発の放射能漏れは今や世界中の関心事であると共に、地球規模での放射能汚染へと拡大しております。


政府・マスコミ・東電の信用は完全に失墜。


世界中から情報開示を求められております。


イギリス気象庁のシミュレーションによれば、福島原発よからの放射能漏れは、今や北半球の大部分に拡散している様です。


偏西風に乗って、カナダ・アメリカ・北アフリカ・ヨーロッパ・中央アジア・中国とほぼ地球を一周したのです。


申し上げておきますが、これはデマではありません。


文部科学省HPより公開されている、ドイツ・イギリス・ノルウェー・台湾からの公式なシミュレーション結果であります。


一般国民には目立たぬ様に公開しているのです。


参考:イギリス気象局による放射性物質拡散予測


「社会の混乱防止」が建前なので、ある意味仕方ないのかも知れません。


続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ