大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

免疫

エキナセアが、有益な腸内の善玉菌を増やして免役機能を改善するとした研究

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=17952
<転載開始>

エキナセアは、風邪などにいいと言われていますが、ご紹介する論文によれば、腸内細菌環境を大幅に改善する効果があるようで、全体的な免役向上に良いのかもしれません。

私も冬は、わりとエキナセア茶を飲みます(飲んでいるのはこれです)。

 


免疫抑制されたアヒルの腸内細菌叢に対するエキナセアの効果

ncbi.nlm.nih.gov 2023/01/05

Effect of Echinacea on gut microbiota of immunosuppressed ducks

概要

導入

免疫抑制により動物は感染しやすい状態になり、腸内細菌叢のバランスが崩れ、病気のリスクが高まり、農場に深刻な被害をもたらす可能性がある。エキナセアはさまざまな方法で免疫調節効果を発揮するが、腸内細菌叢に対するその影響は不明だった。

メソッド

実験では、免疫抑制されたアヒルの腸内細菌叢に対するエキナセア抽出物 (EE) の影響を 16s-RNA シーケンスによって調査した。

結果

結果は、エキナセア抽出物が免疫抑制されたアヒルの体重増加を有意に改善することを示した。また、免疫器官指数も増加し、血清中の TNF-α および IFN-γ および IL-2 (※ 3つとも免疫作用に重要なタンパク質)のレベルも上方制御された。

滑液包の病変が、脾臓や胸腺と比較して明らかだったアヒルは、エキナセア抽出物グループの治療後、滑液包のリンパ球数は健康なレベルに戻り、病変は大幅に改善された

多様性分析では、どちらの α多様性指数(※ 微生物群集構造の多様性。この場合、種類ではなく腸内細菌の全体量を示していると思います)も有意差を示さないことが示されたが、しかし、エキナセア抽出物群は対照群と比べて健康群に近い傾向があった。

β多様性分析により、健康なグループと免疫抑制されたグループの間でサンプルが高度に分離されていることが明らかとなった。

配列決定の結果は、デキサメタゾン治療群におけるプレボテラ属および プレボテラ属 _UCG_001 (※ どちらも主要な常在菌)の相対存在量が有意に高いことを示し、これはデキサメタゾン誘発性免疫抑制の潜在的なバイオマーカーである可能性がある。

エキナセア抽出物グループは、アッカーマンシア属、バクテロイデス属、アリスティペス(※どれもいわゆる善玉菌と言われる細菌)の相対存在量を増加させ、メガモナス属、レンサ球菌、およびエンテロコッカス属の相対存在数を有意に減少させた。

結論

エキナセア抽出物が免疫抑制されたアヒルの発達を改善し、腸内の有益な細菌属の量を増やすことによって腸の免疫機能を調節することが示された


<転載終了>

日光は自然に私たちの免疫システムを高めます

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/ndd8bdc842842
<転載開始>

ローダ・ ウィルソン著 2024 年 1 月 28 日
https://expose-news.com/2024/01/28/sunlight-naturally-boosts-our-immune-systems/

日光浴には多くの健康効果がある。その多くは、肌が紫外線を浴びたときに生じるビタミンDの産生によるものだが、ビタミンDとは無関係なものも多い。

研究によると、ブルーライトとUVAの両方がTリンパ球の活性を高めるという。免疫細胞の活性を高めるには、わずか5分から10分の日光浴が必要であった。

最も健康的なブルーライトは太陽からのもので、ミトコンドリアのチトクロームCオキシダーゼを活性化し、ATP産生を最適化する近赤外線とバランスがとれている。

日光浴が免疫機能を向上させるメカニズム

ジョセフ・マーコラ博士著

注:この記事は転載です。2017年1月23日に掲載されたものです。

日光を避けることが、多くの健康問題の核心にある可能性があることを裏付ける研究が増えている。素肌に日光を浴びることで、体内でビタミンDが産生されるだけでなく、日光はビタミンDの産生とは関係のない、他のいくつかの健康効果も生み出す。

続きを読む

子どもや若者たちの現在の「極端な免疫低下」は、どこかで止まるのか、それとも止まらないのか

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/young-peoples-immunity-has-collapsed/
<転載開始>


免疫が崩壊した社会

最近の日本の報道で、毎日出てくるものとして、

「若い人たちの季節外れのインフルエンザやその他さまざまな感染症の集団感染」

についてがあります。

特に内容を紹介するまでもないとして、タイトルとリンクだけを示させていただきますと、以下のような報道が代表的な感じでしょうか。

(報道) インフルエンザやRSウイルスなど 感染症患者が増加傾向 なぜ? (NHK 2023/06/08)

(報道) 『免疫を獲得できていない子ども』が感染?様々な感染症が増加…医師「診察が難しい」 (MBS NEWS 2023/06/06)

 

これらの報道に出てくる、

 

「なぜ?」

 

ということに関しては、

 

「本当はみんな薄々わかってんでしょ?」

 

という部分も思うのですが、今さらそれについては絶対に言及しないという姿勢が、いよいよ明白になってきています

 

感染症だけではなく、病気ならなんでもかんでもという感じで増加してきているのですけれど、今になってわかってきたこととして、ワクチンの影響は、

 

「高齢者ではなく、むしろ若い人たちに大きい」

 

ということです。

続きを読む

「免疫機能」ではなく「自浄&再生機能」

Walk in the Spiritさんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202210170000/
<転載開始>
巷でよく聞く「免疫システム」、​

このおかげで、病に対し、抵抗ができる​、
と信じられていたが、

よくよく考えてみると、
このエビデンスはどこにもなく、
幻、架空の前提に過ぎなかったーー、

体にあるのは「免疫機能」ではなく、
組織の自浄と再生機能。

そこが腑に落ちた瞬間、恐れから解放される。
トム・カウワン医師が絶賛する
ロシアのKate Sugak(ケイト・スガクによる1時間ビデオ、
"The truth about smallpox"(訳:天然痘の真実を知る)より


https://twitter.com/purplep76858690/status/1581140803401191425(2分動画抜粋)

続きを読む

【講演終了後】井上先生!もうワクチン打ってしまったんですけど!?

下の記事に有りましたので。

【講演終了後】井上先生!もうワクチン打ってしまったんですけど!?
https://www.nicovideo.jp/watch/sm40267366


藤江@日本の人口増加を目指す男 さ
令和4年3月27日 四街道市で行なわれた講演終了後の質疑応答シーンです。
主催者の許可を得た上で藤江が撮影、編集、公開をしています。


❏講演は内容は全編公開中です。
【講演フル】大阪市立大学 井上正康 名誉教授 2022.3.27
https://www.nicovideo.jp/watch/sm40237274


❏こちらの動画の予告・補足説明の動画(YouTube)
https://youtu.be/n1n6RuCPfZI

自分の治癒力で治す

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12755817034.html
<転載開始>
https://twitter.com/IZUMI_chang_/status/1552233412773421057?t=aQaVFK3SiOb2lQPOXdTXbw&s=19 
続きを読む

亜鉛の免疫力アップの秘密解明 Dr. Joseph Mercola

さてはてメモ帳さんのサイトより
亜鉛の免疫力アップの秘密解明 Dr. Joseph Mercola
<転載開始>

たまにはこんなおさらいも

The Secret of Zinc’s Immunity-Boosting Power Revealed Published on April 16, 2022 Written by Dr. Joseph Mercola

https://principia-scientific.com/the-secret-of-zincs-immunity-boosting-power-revealed/ 

  

亜鉛は1970年代から人間の健康に不可欠なミネラルとして認識されています1。人体に2番目に多く存在する微量ミネラルですが2、体内にあまり貯蔵できないため、体内の必要量を満たすには亜鉛を含む食品を毎日摂取する必要があります。

体内の300以上の酵素が正常に機能するために亜鉛を必要とし3、免疫と正常な免疫系の発達に亜鉛が関与していることはよく知られています4

過去10年間の研究により、亜鉛が特に上気道感染症の期間と重症度を抑制する上で重要な役割を果たすことが明らかになりました。例えば、2017年に発表されたメタ分析5では、風邪の症状が出始めた頃に毎日8092ミリグラム(mg)の亜鉛サプリメントを摂取した人は、風邪の期間が33%短縮されたことが分かっています。

また、2020年に発表された研究では、亜鉛が免疫系の機能に重要であり、不足するとCOVID-19の重症化リスクが高まることが実証されています6。パンデミックの初期に、COVID患者の治療を行っていた多くの医師が亜鉛の重要性を認識し、亜鉛を含む初期治療ガイドラインを発表しました7,8,9

続きを読む

オレゴン州の病院で稀な真菌性スーパーバグの発生が報告される Cassie B.

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/fungal%20superbug
<転載開始>

「ワクチン」エイズで、次々に感染症が炸裂してくるでしょう、、期待通り、医猟業界大繁盛じゃないか

Oregon hospital reports outbreak of rare fungal superbug Wednesday, January 05, 2022 by: Cassie B.

https://www.naturalnews.com/2022-01-05-oregon-hospital-outbreak-rare-fungal-superbug.html#

(ナチュラルニュース)オレゴン州の病院の患者が、Candida aurisとして知られる稀だが危険な真菌感染症を発症したため、保健当局は警戒態勢を敷いています。

Candida aurisは、米国では非常に珍しいとされる酵母の一種で、セーラムヘルス[Salem Health]で発生した最初の症例は、オレゴン州で初めて検出されたものでした。1211日に確認され、1217日に確定したこの症例は、「最近、海外で医療に従事した経験のある人」から発見されたものです。

続きを読む

免疫力を上げる食べ合わせ( 書籍 )と ハピホリのプレゼント

愛娘×2ブログ2さんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/manamusume2/diary/202112260000/
<転載開始>
 今日もブログを見てくださって、ありがとうございます。
見てくださる皆さんに感謝です。



最近、ママが読み始めた本が


続きを読む

コロナワクチンの大嘘がばれましたwコロナに罹れば持続的な自然免役を生み出すことが判明いたしました

donのブログさんのサイト
https://ameblo.jp/don1110/entry-12713700293.html
<転載開始>

免役がなくなるからブースター?

3発、4発、5発目 動物実験では全部死んだね。( ̄▽ ̄;)
やはり自然免役は強い!変異株にもしっかり対応している!
ワクチンは全く必要ない代物であることが
逆にばれてしまったんじゃないのかい?www

 

研究:コヴィドからの生還は(偽の「ワクチン」による免疫とは異なり)持続的な自然免疫を生み出す

2021年12月02日(木) 記入者:Ethan Huff   

 

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)は、武漢コロナウイルス(Covid-19)から自然に回復すること、つまり「ワクチン」を使用しないことが、永久的な免疫を獲得し、再感染を避けるための最良の方法であることを認める新しい研究結果を発表しました。

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ