大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへ

お茶・保存食作り -5

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへさんのサイトより
http://tsubukkokimi.hmpg.org/index.php?%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AD%98%E9%A3%9F%E4%BD%9C%E3%82%8A
2018/5/1
池田さんより指摘を受けた内容を貼り付けます。
お願い(みと・あかつかカンファレンス) 
CC 消費者庁表示対策課食品表示対策室; 厚生労働省健康局健康課栄養指導室 
BCC 首相官邸; 日本学術会議; 経済産業省 特許庁 




学術秘書 
池田です。 

記事の修正をお願いいたします。 

修正の際のポイントは、3つあります。 

(1)「ムチン」という言葉を使うこと自体が誤り。 
(「植物」の話をしていて、「ムチン」について語ること自体ナンセンスです。) 

(2)「ムチン」と関連付けて語られてきた、夏バテ解消、スタミナ食材、疲労回復といった健康効果も全く根拠なし。 
(「健康効果」は、ヒトや動物から分泌される「ムチン」本来の働きから想像された話であって、食べてどうこうの話ではありません。) 

(3)「ネバネバの正体は『ムチン』」も誤り。 
(「ムチン」は「糖たんぱく質」といわれますが、「植物の『糖たんぱく質』」はネバネバしていません。) 

「植物の粘性物質をムチンと呼ぶことの根拠や起源」が判明いたしました。 
(「『mucin』と『mucus』の混同」ないし「『mucus』の誤訳」が誤報の原因でした。 
つまり、動植物の粘性物質をムチンと呼ぶ「学説」は存在しません。 
http://acsec.jp/mucin.html 
) 

“フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン”へのご理解、ご協力をお願いいたします。 
http://acsec.jp/maffgo.html 

※虎の門外の変: 
家来たちは、子どもを殺した。 
http://toranomon.nokyoko.jp/ 

では。 


この件に関するお問い合わせ先: 
みと・あかつかカンファレンス事務局長 
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理 
有限会社学術秘書 
本店営業部 
池田剛士 

<続きです>
  • 1月の保存食

  五木寛之さんの美しく年齢を重ねる健康法
  りんご、セロリ、菊いもの栄養・ネギの薬効
  びわの葉茶、雪の下の薬効

 ♪五木寛之さんの美しく年齢を重ねる健康法
五木さんは80歳を超えておられますが、50年間健康保険証を使用したことがないそうです。
「できるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣」という本も話題になっていますが、その中の「心がけたい三つの“休め”」を紹介します。
1)気休め 気を休める時間、「まあ、なんとかなるだろう」と思える時間。ストレスのなかに生きているのですから、自分がホッとするような時間が大事です。「明日は明日の風がふくから、なんとかなるだろう」と考える。これも気休めです。嘘でもいいから、顔色が悪くても、、、、
「できるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣」という本も話題になっていますが、その中の「心がけたい三つの“休め”」を紹介します。

1)気休め 気を休める時間、「まあ、なんとかなるだろう」と思える時間。ストレスのなかに生きているのですから、自分がホッとするような時間が大事です。「明日は明日の風がふくから、なんとかなるだろう」と考える。これも気休めです。嘘でもいいから、顔色が悪くても、、、、
元気そうですねと言って欲しい。人には気休めを言うべきだそうです。「気休め」という言葉を「“気”を休める」「安らかにする」「安定させる」ことと考えている。私の養生生活は、
「すべての健康法は気休め」という考えから出発しているのです。
2)骨休め もともと、人間の祖先は4足歩行していた動物で、海から上がってきて2足直立歩行するようになり、無理な姿勢から腰痛は人間の宿命になる。オオカミや犬には腰痛はない。

続きを読む

お茶・保存食作り -6

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへさんのサイトより
http://tsubukkokimi.hmpg.org/index.php?%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AD%98%E9%A3%9F%E4%BD%9C%E3%82%8A
<続きです>
  • 8月の保存食

     心臓病、高血圧、貧血などの民間療法
     ヤーコン茶、西瓜の種と皮の栄養
     アルミニウム添加物

 玄関の植木鉢に桔梗の花が咲きました
画像の説明
 植えた覚えがないのに、、、、、とうれしいプレゼントです!!

♪心臓病、高血圧、貧血の民間療法(民間療法 農文協編から)

 胸苦しい・動悸・息切れ
○ 大豆の酢漬け;大豆一合を水に浸してよくふくらませてからフライパンで炒り、酢一合と
砂糖大根糖大さじ2杯ていどをビンにいれ、1〜2週間したら、一日5〜7粒ぐらい食べます。出来上がった大豆の酢漬けは、冷蔵庫で一年保存できます。
○ ナスのへたの煎じ薬;陰干しにしたナスのへた20㌘を0,9ℓの水にいれ、中火で 
20分くらい煎じて、毎食前湯のみ一杯飲みます。(一日一回でいい)
○ 卵油;卵の黄味20個を、鍋で炒ります。真っ黒い油のようなドロドロしたものができます。
湯のみ茶碗一杯ぐらいでき、ビンに保存。一回につき杯一杯服用します。疲れにもいいです。

続きを読む

お茶・保存食作り -7

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへさんのサイトより
http://tsubukkokimi.hmpg.org/index.php?%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AD%98%E9%A3%9F%E4%BD%9C%E3%82%8A
<続きです>
  • 6月の保存食

      豆板醤(そら豆を醗酵させてつくります)
      梅干し・びわの種の保存法
      酢と塩で漬けるラッキョウ漬け
      キャンベル博士の栄養学(2)

 ティーツリーの花が咲きました
画像の説明
 夜咲くと一晩でしぼんでしまいました。
 教室ではティーツリーのアロマを手洗いと食器洗いに使用しています
 大変な薬効がありますよ。(LOHAS通信から)
 ティーツリーが有効とされる、病気や症状をざっと書きつらねてみましょうか?
 風邪・気管支炎・インフルエンザ・扁桃腺炎・咽頭炎・咳・発熱・
 皮膚炎・湿疹・水虫・ニキビ・吹き出物・じんま疹・オムツかぶれ・
 乾癬・疥癬・筋肉痛・免疫強化・アザや打ち身・魚の目・
 口臭・汗臭い足・腫れ物・瘤(こぶ)・膀胱炎・尿道炎・麻疹・
 火傷・しもやけ(凍瘡)・リウマチ・関節炎・痛風・シラミ・
 帯状疱疹・カンジダ・顔面ヘルペス・日焼け・ひび・トゲ・
 口内&歯肉の感染症・スキンケア・ふけ症・虫刺され・刺し傷・
 噛み傷・ペットのケア   etc.

続きを読む

お茶・保存食作り -8

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへさんのサイトより
http://tsubukkokimi.hmpg.org/index.php?%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AD%98%E9%A3%9F%E4%BD%9C%E3%82%8A
<続きです>
  • 4月の保存食

       じゃがいもの薬効・すぎな茶
       竹の子酵母エキス(乳ガン予防、リンパの流れをよくします)・
       大根の栄養

 ♪じゃが芋の栄養
じゃが芋はナス科の植物で、原産は南アメリカ北部のペルー地域です。じゃが芋の芽や皮の
緑色の部分は「ソラニン」というアルカロイドの一種で有害物質です。食べ過ぎると腹痛や
めまい・嘔吐などの中毒症状があらわれます。(約200㌘で中毒症状があらわれるそうです。)
じゃが芋の効用           (健康110番  小滝周曹監修)
* 腸の働きを整え便通をよくする;ペクチンが水を吸着し、刺激物から消化器の壁を守る。
* 脳卒中などの予防;ビタミンB1,B6、パントテン酸などのビタミンB群が豊富。
ビタミンB6が不足すると、動脈が退化して裂けやすくなる。日本人の脳出血は動脈が裂けて
おこるものが多い。またパントテン酸は、血圧を下げ、貧血を治すなどの働きがあります。
* 疲れやイライラなどに効果;パントテン酸が不足すると、すぐに腰かけたり居眠りしたり、イライラして狂暴になります。これはアセチルコリンの不足でノルアドレナリン別名
「戦うホルモン」の作用が強くなり、狂暴になるからです。
* 糖尿病を防ぐ;インスリンの分泌に密接な関係があるもののひとつに、「カリウム」があります。じゃが芋はカリウムが多量に含まれ、カリウム不足で起こる糖尿病、不整脈、心臓の働きの低下などに効果があります。カリウムは水に溶けやすい性質ですからスープにしても。
* 貧血によい;じゃが芋に含まれているトリプトファンが造血を促し、血行をよくします。
* 肉食の解毒作用がある;フランス語でじゃが芋のことを「大地のりんご」と表現します。
りんごなどと同様に肉毒を解消する、「カリウム」が過剰な塩分、老廃物などの排泄を促す。
* 胃潰瘍、十二指腸潰瘍などによい;常食すると、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに効果があり、消化不良なども治すといわれています。ビタミンCは特に皮に含まれています。

続きを読む

お茶・保存食作り -9

東金で料理教室、つぶっこ季みちゃんへさんのサイトより
http://tsubukkokimi.hmpg.org/index.php?%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AD%98%E9%A3%9F%E4%BD%9C%E3%82%8A
2018/5/1
池田さんより指摘を受けた内容を貼り付けます。
お願い(みと・あかつかカンファレンス) 
CC 消費者庁表示対策課食品表示対策室; 厚生労働省健康局健康課栄養指導室 
BCC 首相官邸; 日本学術会議; 経済産業省 特許庁 




学術秘書 
池田です。 

記事の修正をお願いいたします。 

修正の際のポイントは、3つあります。 

(1)「ムチン」という言葉を使うこと自体が誤り。 
(「植物」の話をしていて、「ムチン」について語ること自体ナンセンスです。) 

(2)「ムチン」と関連付けて語られてきた、夏バテ解消、スタミナ食材、疲労回復といった健康効果も全く根拠なし。 
(「健康効果」は、ヒトや動物から分泌される「ムチン」本来の働きから想像された話であって、食べてどうこうの話ではありません。) 

(3)「ネバネバの正体は『ムチン』」も誤り。 
(「ムチン」は「糖たんぱく質」といわれますが、「植物の『糖たんぱく質』」はネバネバしていません。) 

「植物の粘性物質をムチンと呼ぶことの根拠や起源」が判明いたしました。 
(「『mucin』と『mucus』の混同」ないし「『mucus』の誤訳」が誤報の原因でした。 
つまり、動植物の粘性物質をムチンと呼ぶ「学説」は存在しません。 
http://acsec.jp/mucin.html 
) 

“フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン”へのご理解、ご協力をお願いいたします。 
http://acsec.jp/maffgo.html 

※虎の門外の変: 
家来たちは、子どもを殺した。 
http://toranomon.nokyoko.jp/ 

では。 


この件に関するお問い合わせ先: 
みと・あかつかカンファレンス事務局長 
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理 
有限会社学術秘書 
本店営業部 
池田剛士 

<続きです>
  • 2月の保存食

      つぶっこ甘酒の作り方・あずきの効用
      キャンベル博士の栄養学

つぶっこ甘酒の作り方(冷や御飯500㌘位で約1200㌘の甘酒が出来ます)
 余った冷やご飯500㌘に、熱湯500ccをいれて、よく混ぜます。
 冷やご飯に熱湯をいれますと、60度位になります。

 ご飯500㌘はかりました
画像の説明
 そこへ、熱湯を500ccいれてかきまぜます。

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ