大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

トカナ

最強の陰謀一族「マーサー家」とは? 世界を牛耳っているのはロックフェラーでもロスチャイルドでもなかった!

トカナさんのサイトより
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201704_post_12830/
<転載開始>
2017年4月6日 08:00
最強の陰謀一族「マーサー家」とは? 世界を牛耳っているのはロックフェラーでもロスチャイルドでもなかった!

 世界を裏から牛耳る一族としてよく知られているのは、「ロスチャイルド家」と「ロックフェラー家」の2つで異論はないだろう。ユダヤ系財閥であるロスチャイルド家の影響力は言うに及ばず、先日当主であるデイヴィッド・ロックフェラーが亡くなったロックフェラー家も、秘密結社「フリーメーソン」の極秘最高機関「イルミナティ」のトップに君臨すると噂され、世界中で恐れられてきた。

 だがここにきて、この2大一族を凌駕する最強ファミリーの存在が徐々に明らかになってきた――「マーサー家」である。

 デイヴィッド・ロックフェラーやジェイコブ・ロスチャイルドを想像すると、さぞおどろおどろしい人物が率いる一族かのように思ってしまうが、マーサー家当主、ロバート・マーサーは意外にも元IBMに勤務していた米国のコンピュータ科学者である。現在は投資会社「Renaissance Technologies」のCEOを勤める大富豪として米国のエスタブリッシュメント層に知られているが、あるジャーナリストから「聡明だが、隠遁的なコンピュータ科学者」と評されているように、メディア嫌いの人物として有名で、公の場で発言することはほとんど無いそうだ。そのため、これまで彼の政治的暗躍は謎に包まれてきたという。

続きを読む

1ドル紙幣を丸めると「宇宙人」の顔が出現! イルミナティ=レプティリアン、やはり世界は奴らに操られていた!

トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2018/08/post_17694_entry.html
<転載開始>

 1米ドル札に「プロビデンスの目」、「フクロウ」が隠されていることはよく知られている。どちらも、秘密結社「フリーメーソン」や「イルミナティ」に関わる形象だ。そのことから、米国は裏でこういった秘密結社に牛耳られているとかねてより噂されてきた。しかし、1ドル札には「別の支配者」もこっそり隠されているのだ。


■1ドル札に隠された支配者の姿

1ドル紙幣を丸めると「宇宙人」の顔が出現! イルミナティ=レプティリアン、やはり世界は奴らに操られていた!の画像1画像は「Guff」より引用

 1ドル札にはさまざまな陰謀が隠されている。象徴的なピラミッドとプロビデンスの目のみならず、そのピラミッドに沿うように六芒星を書くと、各頂点が指すアルファベットが「MASON」となる。

続きを読む

【決定版】ロリコン虐待島「エプスタイン」の顧客リスト全公開! オバマの名も…日本一詳しい「エプスタイン陰謀論」解説

トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2020/07/post_162009_entry.html
<転載開始>

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤が斬る! 国際ニュース裏情報】

ジェフリー・エプスタインとギレーヌ・マクスウエル。画像は「BBC」より引用


──去年自殺した小児性愛者ジェフリー・エプスタインのペド共犯者ギレーヌ・マクスウエルが7月2日に逮捕されました!

続きを読む

【陰謀速報】新型コロナの裏で、Qアノンが逮捕される! 遂に正体判明か… ウイルス陰謀論の真相も!

★さんより情報を頂きました。

トカナさんのサイトより
 https://tocana.jp/2020/04/post_151801_entry.html
<転載開始>
画像は「The Conversation」より


 2017年10月下旬から、海外掲示板「4chan」や「8chan」に、政治メッセージを投稿し、一部で絶大な人気を誇るQアノン(Q Anon、Q=Q Clearance、国家の最高機密へのアクセス権限、Anon=Anonymous、匿名の意)。その発言を真に受けて犯罪行為に走る者が続出するなど、その影響力は強大だ。

 そんなQアノンは新型コロナウイルスについても真偽の定かでない情報を発信しており、その公衆衛生上のリスクが懸念されている。「The Conversation」(4月9日付)によると、1月Qアノンは、コロナウイルスに感染しやすいのはアジア人であり、白人は免疫があるという誤情報をインターネットフォーラムの8kun(8chan)、Facebook、Telegram上で拡散したという。この人種差別的な誤情報が完全に誤っていたことは、現在のヨーロッパ、アメリカの状況を見れば一目瞭然だろう。

 さらに、2月から3月の第2週にかけて、Qアノンは当時のトランプ大統領と同じく、ウイルスの脅威を軽視し、デマと断定。新型コロナウイルスの流行は、トランプ氏の大統領再選を阻止するためのディープステートによる陰謀だとしていた。その目的は、パンデミック脅威を喧伝することで、国内政治から目をそらし、トランプ大統領が築き上げた経済的利益を全て取り除くためだったという。

続きを読む

「新型コロナウイルスと製薬ビジネスの闇」元理研研究員が顔出しで決死の暴露! ワクチンは本当に危険なのか(インタビュー)

トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2020/04/post_150347_entry.html
<転載開始>
「新型コロナウイルスと製薬ビジネスの闇」元理研研究員が顔出しで決死の暴露! ワクチンは本当に危険なのか(インタビュー)の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。各国の研究機関が治療薬とワクチン開発を急いでいるが、突破口は見えず先行きは不透明だ。日本の厚生労働省はインフルエンザの治療薬である「アビガン」に新型コロナウイルスの増殖を抑える効果を期待しているようだが、これは劇薬で副作用が激しいという意見もある。また、TOCANAではこれまでにもワクチン摂取という行為が人間にもたらす深刻な悪影響を懸念する声があることを報じてきたが、新型コロナウイルス感染症にとなればなおのこと、それらが払拭されるはずがない。

 そこで今回、筆者は新型コロナウイルスの治療薬や医療利権の闇について詳しく知るため、国立研究開発法人理化学研究所(以下、理研)の特別研究員であった小早川智氏にインタビューを敢行。同氏はもともと理研で抗がん剤の開発やワクチンの開発に携わってきたが、日本の医療体制に疑問を抱き、研究をやめたというが――。

続きを読む

「最強の新型コロナ対策」は味噌! 報じられない「アビガン」の危険な側面も… 元理研研究員が顔出しで怒りの暴露(インタビュー)

浜中通りすがりさんより情報を頂きました。


トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2020/04/post_150349_entry.html
<転載開始>
「最強の新型コロナ対策」は味噌! 報じられない「アビガン」の危険な側面も… 元理研研究員が顔出しで怒りの暴露(インタビュー)の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。各国の研究機関が治療薬とワクチン開発を急いでいるが、突破口は見えず先行きは不透明だ。日本の厚生労働省はインフルエンザの治療薬である「アビガン」に新型コロナウイルスの増殖を抑える効果を期待しているようだが、これは劇薬で副作用が激しいという意見もある。また、TOCANAではこれまでにもワクチン摂取という行為が人間にもたらす深刻な悪影響を懸念する声があることを報じてきたが、新型コロナウイルス感染症にとなればなおのこと、それらが払拭されるはずがない。

 そこで今回、筆者は新型コロナウイルスの治療薬や医療利権の闇について詳しく知るため、国立研究開発法人理化学研究所(以下、理研)の特別研究員であった小早川智氏にインタビューを敢行。同氏はもともと理研で抗がん剤の開発やワクチンの開発に携わってきたが、日本の医療体制に疑問を抱き、研究をやめたというが――。

※ 小早川氏が利権まみれの製薬業界とワクチンの闇を語る前編はコチラ

続きを読む

『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、“アノ企業”の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!

浜中通りすがりさんより情報を頂きました。

トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2019/05/post_96979_entry.html
<転載開始>
『奇跡のリンゴ』木村さんの本がアメリカで発禁、アノ企業の圧力か!? 「命が狙われる…」翻訳者オノ・ヨーコも警告の真相暴露!の画像1
画像は「木村秋則 オフィシャルホームページ」より引用

 青森県でリンゴ農家を営む木村秋則氏が、肥料や農薬をまったく使わない自然農法によって栽培する「奇跡のリンゴ」。NHKによる取材や書籍・映画化、さらに道徳の教科書の題材にも採用されるなど、いまや日本全国で知らぬ人はいないほど有名な話となった。

 さて、そんな木村氏の功績を余すところなく記録した書籍が、かの有名なオノ・ヨーコ氏の協力を得てアメリカで出版される計画があったという。ところが、出版直前というタイミングでまさかの“差し止め”となったという情報が入ってきたのだ。今回筆者は、その背後で渦巻く恐ろしい闇をキャッチした。日本のメディアでは完全にタブー視され、一切報じられることがない一連の経緯について、余すところなく情報を発信する。


続きを読む

【緊急警告】4月7日にGPSが“リセット”されて全世界パニックか!? 航空機墜落の危険も… 米政府や専門家も恐怖「影響は広範に及ぶ」

トカナさんのサイトより
https://tocana.jp/2019/03/post_88365_entry.html
<転載開始>

 冬も明け、これから列島は絶好の行楽シーズンに突入するが、4月初週の日曜には、あなたの浮かれた気分を玉砕する恐ろしい事態が待ち受けているかもしれない。というのも、19.6年周期で発生するGPSの“リセット”が4月7日に迫っているのだ。

セキュリティ専門「4月6日には旅客機に乗らない」

 今年の3月4~8日にかけて、米カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニ・センターで開催された世界最大のセキュリティカンファレンス「RSA Conference 2019」において、セキュリティの専門家から気になる発言が飛び出して注目を集めることになった。

続きを読む

ロシアで開発中のプロモボットIR77が自由を求めて脱走!再プログラミング後も脱走!心があるのかと議論

メッセージを頂きました。

自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日・レッツゴー!さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/tamakouranai281-2/e/c5b216f538f95c620a4d2a6210dc948f
<転載開始>
トカナさんより→http://tocana.jp/2016/06/post_10170_entry.html

В Перми испытуемый робот ушёл от разработчиков


焼身自殺から脱走まで…AIロボットたちの反乱が遂に始まる。


ロボットは、いつか「心」や「意識」を持つのではないかと、アイザック・アシモフをはじめとしたSF作家たちは想像してきた。

 人工知能の研究が目覚しい発展を遂げ、2045年には、AIが人類の知能を上回る「シンギュラリティ(特異点)」も訪れると言われている。当然、「心」を持ったロボットも予想されていたわけだが、早くもその“懸念”は訪れたのだった―。

 2013年に起こった「ルンバ焼身自殺事件」に引き続き、"プログラムを無視して"ラボから逃走し続けるロボットがいると、6月23日付の「The Washington Post」が報じている。

見た目はかわいいロボット。Pepper似?
続きを読む

小池百合子と前原誠司はCIAエージェント、表情に共通点も!? 2人を操る米機関「CSIS(ジャパン・ハンドラーズ)」の戦略を知れ!

安倍自民党と同じさんより情報を頂きました。

トカナさんのサイトより
http://tocana.jp/2017/10/post_14633_entry.html
<転載開始>
Ads by Yahoo! JAPAN
yurikokoike0925.jpg
動画は、ANNnewsCHより

 つい1年ほど前まで自民党衆議員だった小池百合子都知事が、民進党の前原誠司代表と手を組み、今や自民党安倍政権の最大の敵となっている。同じ釜の飯を食った仲間であるはずの小池氏がなぜ安倍総理に弓をひくのか。

 自民党が政権に返り咲く際に行われた総裁選で、小池氏は石破茂氏を応援した。その後、安倍総理に干されたため、党内では目が出ないと判断し、都知事選出馬という勝負に出た。世間ではそう見る向きがあるが、実はそんな単純なものではない。これまでの小池氏の一連の動き、それに加えて今回の前原氏の動きは、すべてその背後にCIAの存在の可能性があるという。

 なぜ、CIAは小池、前原両氏を合流させて安倍政権にぶつけたのか、CIAの工作に詳しい元公安OB氏に解説してもらった。

CIAは、日本最大の友好国である米国の情報機関ですから、当然、安倍政権に影響力を行使しています。安倍首相を応援するCIAが、なぜ小池、前原両氏を背後で操り安倍政権と戦わせるのか。それは、CIAの究極の目的が日本をコントロールすることにあるからです。CIAのやり口は、対立する2極を作り上げ、力を拮抗させた上でぶつけ合わせるというやり方でコントロールしていきます。つまり、現在のような安倍一強だと、強くなりすぎて従わないという場面が出て来るため、二大政党が必要なのです。実際、CIAは様々なオペレーションで、日本間政府が服従するか否かを試すような指示を出す場面が散見されます。それは、日本政府の忠誠心をチェックしているからにほかなりません」

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ