大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

BrainDead World

[プーチン氏、ウクライナに「最後通告」]という報道

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20766
<転載開始>

プーチン氏、ウクライナに「最後通告」 NATO加盟撤回や4州割譲要求

ロイター 2024/05/15

ロシアのプーチン大統領は14日、ウクライナでの戦争終結には、ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)加盟に向けた野心を放棄し、同国東・南部4州をロシアに引き渡す必要があると言明した。

ウクライナの見解とは相いれない、これまでで最も詳細な条件を提示した。ロシア軍が戦闘で優位に立っているという自信を反映しているとみられる。

演説はスイスで15━16日に開催される「ウクライナ平和サミット」の前夜に行われた。同サミットにロシアは招待されていない。

プーチン大統領は「条件は非常に単純だ」と強調。

ウクライナ東・南部のドネツク、ルガンスク、ヘルソン、ザポロジエ4州からのウクライナ軍の完全撤退を挙げ、「ウクライナがこうした決定の用意があると発表し、実際に撤退を開始し、NATO加盟計画を放棄すると正式に表明すれば、われわれは直ちに停戦命令を出し、交渉を開始する」と通告した。

さらに「われわれは具体的で真の和平提案を行っている」と主張。「ウクライナや西側諸国がこれまで通り拒否すれば、流血の継続に対する政治的、道義的責任は彼らにある」とけん制した。

続きを読む

地球で観測される「宇宙線」の量が、過去20年で最低レベルにまで低下

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20750
<転載開始>

フィンランドのオウル大学にある宇宙線観測ステーションのデータです。ここは1964年から宇宙線の観測を続けています。

1964年から2024年までの宇宙線量の観測値

cosmicrays.oulu.fi

宇宙線量は太陽活動と逆相関の関係を持っていまして(太陽活動が弱いと宇宙線の量が増え、強いと少なくなる)、そして、宇宙線量は「地球の雲の量」と、正の相関を持ちます(宇宙線量が多いと雲が多くなる、宇宙線量が少ないと雲は少なくなる)。

ですので、現在の太陽活動は、20年以上ぶりの強さということも示唆しているかもしれません。また、地球全体として「雨が少なくなる」という傾向も出てくると思います(局所的な大雨とは関係のない全地球規模の話です)。

これについては、In Deep の 2016年の記事「「雲の生成は宇宙線によるもの」という説が25年にわたる観測の末に「結論」づけられる」にあります。


<転載終了>

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」の添付文書より。接種した女性の2.3%が半年後に自己免疫疾患を発症

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20739
<転載開始>

このガーダシルに関しては「妊娠維持と生殖機能」に関して、3年前ほど前に、メルク社の臨床データを調べたことがあります。こちらの記事にあります。ワクチン添加物のポリソルベート80について調べていたときのことでした。

それはもう、胎児の喪失率が 40%近くという、ひどい結果だったのですけれど、X の投稿で、「自己免疫疾患」に関して投稿されている方がいらっしゃいまして、以下のように「半年後の自己免疫疾患が 2.3%」という、これもひどい結果が示されていました。


usotsukibakari

最近、「長崎大学が、すべての女子学生対象に来月から子宮頸がんワクチンの集団接種へ」という報道がありましたけれど、2.3%って、100人に 2人とか 3人ですよ。 1000人なら 20人とか 30人です。

もはや何とも言えません。


<転載終了>

モスクワ証券取引所がドルとユーロの取引を停止

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20735
<転載開始>

モスクワ取引所は6月13日からドルとユーロの取引を停止。「店頭市場での取引は継続する」

RT 2024/06/12

«Сделки продолжат совершаться на внебиржевом рынке»: Мосбиржа приостановит торги долларом и евро с 13 июня

6月13日以降、モスクワ取引所は米ドルとユーロの取引を中止する。この決定は、米国による制裁を背景に取引所の管理者によって行われた。

6月12日、アメリカ財務省は制裁リストの拡大を発表し、ロシア国内外の 300以上の個人および法人を制裁に追加した。特にこのリストには、モスクワ取引所と立会場での外国為替取引の仲介役を務める国立清算センター(NCC)が追加された。

実際、vに対する規制により、ロシア連邦ではドルとユーロの為替取引が不可能になっている。

「米国による制限措置の導入により、為替取引と米ドルおよびユーロでの受渡商品の決済が停止されました。米ドルとユーロとの取引は、店頭市場では引き続き行われます」とロシア中央銀行は述べた。

現在、ドルとユーロのルーブルに対する公式為替レートを決定するために、中央銀行は銀行取引明細書とデジタル店頭取引プラットフォームから受け取った情報を使用する予定です。この手順は、 国立清算センターに対する制裁のリスクが最初に生じた 2022年の秋に規制当局によって策定された。

制裁の発動はロシア指導部にとって驚くべきことではなく、同国当局は制裁の準備ができていたと金融アナリスト・リスク管理者組合の監視委員会のメンバーであるアレクサンダー・ラズバエフ氏が RT に語った。

それにもかかわらず、「 1995年以来運営されてきた外国為替市場が実質的に存在しなくなった」ため、状況は依然として極めて深刻だ。

「ロシアはついにドルとの結びつきを放棄しました。米国によるこの制裁は我が国の対外貿易に直接関係しています。輸出入業者にとって通貨の売買はさらに困難になるでしょう。同時に、ロシア人にはまだドルとユーロを両替する機会がありますが、近い将来、市場はおそらくパニックに陥り、レートが急騰する可能性があります」とラズバエフ氏は付け加えた。


<転載終了>

プロトンポンプ阻害薬の長期服用は、高齢者の「転倒と骨折」を増加させる

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20731
<転載開始>

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、強力に胃酸を抑制する薬で、かなり処方されているものですが、胃ガンを大幅に増加させることがわかっており(記事)、また、偏頭痛の発生確率の大幅な上昇と関係している(記事)ことなどがわかっています。

今回、骨折や転倒と関係していることも知りました。

長期プロトンポンプ阻害薬療法と高齢女性の転倒および骨折

PubMed 2014/11

Long-term proton pump inhibitor therapy and falls and fractures in elderly women: a prospective cohort study

概要

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は高齢者に広く使用されているが、最近の複数の研究で、長期の PPI 療法は高齢者の骨折と関連していることが示唆されている。

しかし、そのメカニズムは不明のままだ。

私たちは、高齢の閉経後女性の縦断的人口ベースの前向きコホートの事後解析において、1年以上の長期 PPI 療法と骨構造、転倒、バランス関連機能などの骨折リスク因子との関連を調査し、高齢の閉経後女性の転倒に関する 2つ目の前向き研究で結果を再現した。

長期の PPI 療法は、転倒および骨折関連入院のリスク増加と関連していた。

再現研究では、長期の PPI 使用は、自己申告による転倒のリスク増加と関連していた。

長期 PPI 療法と骨構造との関連は認められなかったが、転倒恐怖による屋外活動の制限や屋内活動の制限、めまい、足のしびれなどの質問票評価による転倒関連指標、およびTUGテスト(動的バランス・歩行・敏捷性などを複合的に診るテスト)や閉眼ロムベルグ試験(目を閉じて直立して行う振動感覚試験)などの客観的臨床測定は、長期 PPI 使用者ではすべて有意に低下していた。

長期 PPI 使用者は非使用者よりもビタミンB12値が低い傾向もあった。

すでに骨折リスクが高い高齢女性における骨折リスクの上昇は、骨構造の損傷ではなく、転倒リスクの増加と転倒を介して媒介されているようであり、長期の PPI 療法を処方する際には慎重に考慮する必要がある。


<転載終了>

「日本の一部でお米が不足している」という報道

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20723
<転載開始>

【異変】「お米がない」仕入れ価格の値上げで“令和の米騒動”に?寿司店・スーパーで“米不足” 農水省「在庫は十分」

FNN 2024/06/12

今、日本の一部でお米が不足しているという。

その理由を探ると、不作だけではない、日本ならではのある事情が見えてきた。

 

「お米がない」おすしに“異変”が…

日本が世界に誇る料理、おすし。

今や、すしは世界の共通語で、外国人観光客にも大人気となっている。

中国からの観光客は、「すごくおいしいですね、最高ですね」「日本のすしは中国よりおいしい、特別です」と答えてくれた。

ネタとともに、すしに欠かせないのが、シャリだが、今異変が起きているという。

小池ずしの小池省三さんは、「お米自体が少ない、問屋さん自体もお米がない」と話す。

5月に比べて、米50kgの仕入れ価格が2000円値上がりしたという。

小池さんは、「2000円値上げは大変な問題。これ以上上がったら値上げを考える。値上がるとなったら、客はやっぱり減る…」と嘆く。

さらに、仕入れできる量も少なくなっているという。

全国の小売店に行ったアンケート調査では、19%が米を仕入れできないと回答し、66%が仕入れできる量が少ないと答えた。

 

深刻な米不足のワケ…不作だけでなく日本食ブームも

深刻な米不足の影響は、私たちの家庭にも影響を及ぼしつつある。

神奈川県にある、スーパーの米売り場の商品棚を見ると、ほぼ品切れ状態で、貼り紙には、「米の原料不足により、供給が不安定」と書かれていた。

取材班が訪れた東京都内のスーパー「さんよう」でも、米不足の影響で、売り場に出す米の量が減っているという。

ここでは商品が少ないため、お米売り場に別の商品を並べている。
値段も2カ月前から上がっているという。

スーパーさんようの阿部芳邦さんに米不足の理由を聞くと、「昨年の猛暑による不作や、海外からのインバウンド需要で、米の動き・需要が高くなっている」と説明した。

全国有数の米の産地、新潟県など一部の米どころでは、猛暑の影響で品質の低下や不作に見舞われていて、そこに、世界的な日本食ブームが重なって、ダブルパンチになっているという。

来店客からも、「高い高い高い。いや困りますね、困っちゃったね」との声が上がった。

インバウンド需要と猛暑による、米不足は、2024年の米の収穫で、回復は見込めるのか。

 

「米騒動」が起きる可能性はあるのか?

こういった米不足による「米騒動」が過去に起きている。

記憶にある方もいるかもしれないが、1993年に冷夏と長雨が続き、国産米が記録的な不作となって起きた「平成の米騒動」だ。

タイなどから急きょ米を輸入したものの、国産米を求めて大行列ができるなど混乱が続いた。

今後、このような騒動に発展する可能性はあるのだろうか?

農水省によると「2023年の猛暑で見た目の評価が最も高い一等米の収穫は減ったが、米全体の収穫量が減っていない。民間による在庫も十分あるので、平成の米騒動のようにはならない」として、冷静な判断を呼び掛けている。


<転載終了>

米国の遺体衛生保全者の方が、遺体から見つかった謎の白い血栓から検出された21種類のタンパク質をリストアップ

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20719
<転載開始>


Richard Hirschman

血栓から見つかった上位3つのタンパク質は以下です。

・フィブリノゲン ベータ鎖 (約 35%)

・フィブリノゲン ガンマ鎖 (約 16%)

・ヘモグロビン サブユニット ベータ (約 14%)

フィブリノゲンとは血液凝固因子の一つで、ヘモグロビン サブユニット ベータは、ヘモグロビンA (最も一般的なヘモグロビン)を構成するものだそう

投稿された方は、以下のように書かれています。


奇妙な繊維状の血栓で見つかった上位 21 のタンパク質のリストを以下に示します。見つかったタンパク質は 500種類以上ありました。

私は医者でも科学者でもないので、これが何を語っているのか完全には理解していませんが、この情報を解釈できる人がそこから何かを学べることを願っています。

トロンビンは検出されなかったと聞きました。アミノ酸の検出結果もここにあります。これが何なのか解明しようとしている人たちの助けとなり、人類の助けになれば幸いです。

これらのテストは、マイク・アダムス氏が行った ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析法)と同様に再現されるべきだと思います。私のようなほとんどの人は、これらのテストが何を示しているのかを理解する訓練を受けていませんが、理解できる人たちもいるでしょう。

続きを読む

5月の倒産件数が25ヵ月連続で前年同月を超える

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20715
<転載開始>
かなり明確に不況ですね。

5月倒産1000件超…物価上昇・人手不足で10年以上ぶりの高水準

ニュースイッチ 2024/06/12

帝国データバンク(TDB)と東京商工リサーチ(TSR)が10日発表した5月の倒産件数は、TDBが前年同月比46・4%増の1016件、TSRが同42・9%増の1009件だった。

TDBは25カ月連続、TSRは26カ月連続で前年同月を超えた。

倒産が1000件を超えるのはTDBで12年ぶり、TSRで10年10カ月ぶり。円安、資源高による物価上昇や人手不足などが影響した。実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)利用後の月の倒産は最多だった。

負債総額はTDBが同54・9%減の1260億9700万円、TSRが同50・9%減の1367億6900万円だった。

TDBの業種別は全7業種で前年同月を上回った。「サービス業」が同53・5%増の244件で、2000年以降で最多となった。TSRの産業別も全10産業で前年同月を上回った。

TSRは「コロナ関連支援が終了するタイミングで円安、物価高、人手不足がのしかかっている」とした上で「仕事を確保しても資金調達が難しい黒字倒産を交え、倒産が増勢をたどる可能性が高い」とみる。TDBは「業績回復が進む企業と経営悪化から抜け出せない企業の二極化が進む」と分析する。


<転載終了>

中国で4月に「史上最大の銀行取り付け」が発生していた模様

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20703
<転載開始>

額としては、4兆元ということで、日本円ですと、86兆円くらいになるでしょうか。中国も結構な感じになっていますね。

2000年から2024年4月までの中国の銀行からの引き下ろし額

Barchart


<転載終了>

「水不足でコシヒカリがピンチ」という報道

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=20700
<転載開始>
天気予報を見ても、まとまった雨はしばらく来ないようですね。

水不足でコシヒカリがピンチ「今までこんなことなかった」米農家嘆き…新潟の田んぼにひび割れが

FNN 2024/06/11

暑さによる影響が食卓に及ぶ可能性が出てきている。

岩手・花巻市の豊沢ダムでは、例年だと水に漬かっている場所が、渇水により、10メートルほど下まで水かさが減ってしまっていた。

雨不足により、ダムの貯水率が20%まで低下。

記録的に雨が少なかった1973年を下回る水準だという。

この渇水の影響を受けている花巻市の農家・斉藤陽一さんは、「今までこんなことはなかった。雨が降ってくれるのを願うしかないと考えている」と話す。

水不足は、日本を代表するブランド米「魚沼産コシヒカリ」にも影響を及ぼしている。

新潟・十日町市では、田んぼの一部にひび割れが発生し、雑草が生えていた。

コメ作り歴50年以上・村山良一さん:これがその作付けできなかった田んぼですかね。もう水が足らないもんですから

さらに、雪解け水などを蓄えているため池が、水不足のため、2枚の田んぼで田植えを諦めたという。

コメ作り歴50年以上・村山良一さん:沢の雪解け水が入るように、ここにため池作ってあるんですけど、雪解けしたときはもう1メートルくらい上に、そこからあふれるくらいに水がたまってたんですけども、この日照りでだんだん水位が下がって…。1週間と晴天が続くと、雨が降らないと沢の水もため池入らない、湧き水もないという形になりまして…。梅雨が少し長引いて降っていてくれるといい。その辺(雨)がやはり定期的に降るということでないと…大変難しい。不安なところがある

猛暑が予想される2024年の夏、コメ農家はあることに悩まされていた。

コメ作り歴19年の農家:代かきっていって、田んぼの水をためる作業があるんですけど、代かきしても水が減るスピードが異様に速くてですね

その理由は、一体何なのだろうか。

コメ作り歴19年の農家:去年猛暑で干ばつが起きて、おそらく田んぼの底の方に亀裂が入っているのが原因だと考えています

例年に比べ、梅雨入りが遅れている日本列島。
水不足の解消が待たれる。


<転載終了>
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ