大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

フッ素

妊娠中の女性の「フッ素の摂取」は、お腹の赤ちゃんの「大幅な知能指数の低下」と関係することがカナダの大学の研究で判明

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/fluoride-could-be-bad-for-your-baby-during-pregnancy/
<転載開始>
投稿日: 続きを読む

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/link-between-adhd-and-high-fluoride-levels-in-pregnancy/
<転載開始>

投稿日:

神経学専門の医学誌「ニューロサイエンス」の10月14日の記事より


neurosciencenews.com

世界の「水道水のフッ素化」の状況(赤とピンクの国はすべて)


Water fluoridation


続きを読む

松果体の石灰化を防げ : 認知症を避けるための最低限の準備のひとつは松果体を守ること

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/how-to-decalcify-pineal-gland-and-thanks-mr-trump/
<転載開始>
2018/01/15  

scottjeffrey.com

Pineal Gland

続きを読む

史上最大の汚染物質 フッ素

るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=322693
<転載開始>
我が家の歯磨き粉も今だフッ素入り・・。


フッ素の危険性
リンク

大気汚染物質として知られる数多くの化学物質の中でも、フッ素は最も危険であることがわかっており、さまざまな機関がフッ素の有害性を訴えています。

アメリカ農務省は、「フッ素ほど大気中のすべての汚染物質の中で、世界中の動物に害を与えてきたものはない」としています。

またコーネル大学のレナード・ウェインスタイン博士も「あらゆる大気汚染物質の中で、もっとも農業に害を与えている物質として、フッ素ほど疑わしく、これまで多くの訴訟が起こされたものはない」としています。

このようにフッ素の毒性に関する証言はありますが、中でも特筆すべきは、フォーサイス神経毒学研究所で行われた実験結果です。

神経毒学者のフィリス・マレニクス博士は、自身が開発したコンピューターによる新しい神経画像解析システムで、様々な環境汚染物質の微量投与による大脳への影響を研究している第一線の科学者でした。

あるとき、歯科業界で使用される様々な物質の毒性の解析を依頼され、フッ素もその中に入っていましたが、彼女は当初、「フッ素は子供達にも使用されているほど安全な物質だからやるだけ時間の無駄。私は、やらないわ。」と拒絶していました。

しかし、指示通りに検査してみると驚くべき結果が出たのです。

続きを読む

動物性食品の選び方

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/599765680107189
<転載開始>
日々の食生活において重要なのは、いかに良質のタンパク質を摂取するかという事です。タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、消化され、吸収される段階では20種類のアミノ酸となってから吸収され、アミノ酸自体に動物由来と植物由来の差はありません。ですがやはり良質のタンパク質をしっかりと摂取するためには動物性食品を摂ることも重要です。ベジタリアンの人は動物性食品をとらない分、特にタンパク質を意識していただきたいと思います。

動物性食品では飼育や養殖された家畜や魚よりも、野生動物や天然物の魚や魚介類を選ぶ方がより良いという事になります。ただし最近では福島第一原発事故の影響によって、太平洋沿岸での海洋汚染が深刻化しているため、単純に近海物の天然魚を勧められないところが辛いところです。海は命の母であり、海を汚すことは我々の健康の源を汚染することに等しいのですから、海洋汚染を何とか食い止めなければなりません。

動物性タンパク質の摂取源の一つとして、肉は本来非常に魅力的な食品なのです。しかし、何かと健康問題を引き起こす元凶となっていることもまた事実です。これは肉そのものが問題なのではなくて、飼育方法に問題があるのです。たとえば牛は草食動物であり、反芻動物(前腸発酵草食動物)です。このような食性を持つ牛に与えるべき餌は牧草であり、他の餌を与えるべきではありません。ちなみに豆知識ですが、和牛とは牛の品種の事です。和牛には黒毛和牛、赤毛和牛、短角牛、無角牛の4種類があります。品種名ですから、海外で飼育されても和牛と名乗ることができます。また、国産牛とは国内で飼育された牛の事です。和牛であれば、国産和牛と明記されていますから、単に国産牛とだけ書かれていた場合、和牛ではありません。

豚は雑食性ですので動物性食品も植物性食品も何でも食べます。大体出生後半年で出荷できるようになり、生産効率は鶏のブロイラーに次いで高いのが特徴です。現在では配合飼料で飼育されていますが、日本で生産されている家畜用飼料のほぼ全量が輸入飼料で、輸入飼料が遺伝子組み換え作物です。ほかにもレンダリングプラントから作られた配合飼料も入っています。そして密集飼育による感染症の発生予防のために、抗生物質もまた飼料と共に与えられています。

鶏もまた雑食性の生き物ですが鶏のほぼ100%が配合飼料で飼育されています。配合飼料の基本的な中身は豚と同じです。家畜飼料に無農薬・無肥料の自然栽培の米糠やふすまが使われているなんて、そんな訳ありません。ですから当然これら毒物も鶏の脂肪組織に生物濃縮で蓄積していきます。鶏もまた、密集飼育での病気の発生を予防するために大量の抗生物質を与えられています。そして鶏卵においても飼料によって卵に有害物質が蓄積します。鶏はその肉のみならず、卵も良質のたんぱく質であり、食材という面だけで考えれば非常に優秀です。卵も完全な卵であればアレルギーもすべてなくなる、とまで豪語する畜産家さんがいることは覚えておいて損はないでしょう。

(某書より一部パクリ)

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ