大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

酸化グラフェン

ファイザーの内部告発 ファイザー社バイアル瓶の最大3分の1が酸化グラフェンを含有

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/24477166.html
<転載開始>
ファイザーの内部告発者:メリッサ・マカティー


ファイザーの内部告発者であるメリッサ・マカティーは、スペインの研究所からファイザーの内部データベースで、COVID注射バイアルに酸化グラフェンが含まれているという証拠を見つけました。彼女が更新を追跡したところ、100バイアルのうち28本に酸化グラフェンが含まれていました。続きを読む

酸化グラフェン:動物や人間への注入とその影響

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23765983.html
<転載開始>
Injecting graphene oxide into animals and humans (substack.com)

酸化グラフェンの動物およびヒトへの注入

その壊滅的な結果が物語っています。

私たち一般人は、最新の医療介入に関しては、ネズミや霊長類以上の価値はありません。

グラフェンと酸化グラフェンの違いをご存じない方のために:

グラフェン誘導体:一般的な概要とデトックスの可能性


グラフェン誘導体:一般的な概要とデトックスの可能な方法
続きを読む

酸化グラフェンはどのようにしてすべての人の体内に入り込んだのか?

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23548523.html
<転載開始>
地球からの太陽光を遮るというビル・ゲイツの暗い夢が実現へ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
すべてのワクチン・ケムトレイル・食べ物・水によって着実に進む「人間と機械の融合」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
誰も気候工学災害から生きて逃げ出せない : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
秘密の歴史:軍がインフルエンザを散布 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
プラスミドDNAとは?なぜ食品、水、空気、ワクチンにそれを入れるのか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
呼吸するだけで感染:「Convidecia Air」ワクチンを噴霧中 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
科学者は同意を必要としない集団ワクチン接種をするための「空中mRNA」を開発します : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
『自然な地球の方法論的終焉』 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

※他にも多数あり


米国特許 - クラウドシーディング
これは、3D酸化グラフェンナノ粒子をクラウドシーディングするための米国特許です。
とはいえ、単なる特許であることをお忘れなく。成層圏でこれを大気中に注入することはないでしょう。
ちょっと待って、失礼しました。そう言えば私たちはマニアックな人たちによって統治されていました。



続きを読む

3D 酸化グラフェンナノ粒子 クラウドシーディング特許

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23397929.html
<転載開始>
あなたは病気ではない、あなたは汚染されています: 3D 酸化グラフェンナノ粒子 クラウドシーディング特許 US 2022/0002159 A1
「酸化グラフェンは、ほとんどのCOVID症状の単独トリガーとして作用します。これはウイルスやスパイクタンパク質ではなく、化学兵器です」

本発明は、−8°Cの温度で氷核生成を開始できる、クラウドシーディングおよび他の用途のための氷核化粒子を提供する。さらに、氷核生成粒子数は、温度の低下とともに連続的かつ急速に増加します。本発明における氷核粒子は、3次元還元酸化グラフェンと二酸化シリカナノ粒子とのナノ構造多孔質複合体(PrGO-SN)である。また、本発明は、PrGO−SNの合成方法に関する。

続きを読む

酸化グラフェン含有の明確な否定根拠を読み、この3年間、数々なトリックの攻撃を受け続けていたことを再認識する

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/bad-tricks-during-the-pandemic/
<転載開始>


理解していなくともご紹介する理由

少し前の地球の記録の記事で、元「 LNP/RNA バイオテクノロジーのデザイナー」であり「組換えタンパク質などのコンサルタント」であるという女性であるクリスティ・ローラ・グレース(Christie Laura Grace)さんという方の投稿をご紹介したことがありました。

(記事)脂質ナノ粒子 / RNAバイオテクノロジーの元設計者の方の「有害事象の根本」に関する投稿全文
地球の記録 2023年12月15日

 

いろいろなことが書かれてはいるのですが、最初のほうのセクションでは、「電荷」という観点からの「脂質ナノ粒子(LNP)の体内での動きと影響」について書かれています。

脂質ナノ粒子は、正の電荷(+)を持つこともあれば、負の電荷(-)を持つこともあり、また、中性の電荷を持つこともあるそうで、それぞれなのだそうですが(ステファニー・セネフ博士は、脂質ナノ粒子は正の電荷を持つとおっしゃっていました)、それに対して、

・RNA と DNA は負の電荷(-)を持っている

のだそうです。

続きを読む

酸化グラフェンについて少し追加情報

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/n7b113bb81690
<転載開始>

ネスレ、サンペレグリノの酸化グラフェン(ビデオテスト)


画像
続きを読む

ワクチン成分の「酸化グラフェン」が公式になりました

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/20781841.html
<転載開始>
FDA confirms Graphene Oxide is in the mRNA COVID-19 Vaccines after being forced to publish Confidential Pfizer Documents by order of the US Federal Court (blacklistednews.com)

FDAは、米国連邦裁判所の命令によりファイザーの機密文書を公開することを余儀なくされた後、酸化グラフェンがmRNA COVID-19ワクチンに含まれていることを確認した

2023年7月15日

国防総省が、CIA、WHO、ゲイツらとともに、このスローキル・バイオウェポン・プログラムを実行していたことが不思議に感じるでしょうか?

また、酸化グラフェンは細胞毒性発がん物質であり、細胞毒性スパイクタンパクによるp53タンパクの抑制や、発がん性の高いSV40「汚染物質を考慮すると、ターボがんを増幅させることもわかっています。

BY エクスポゼ

COVID-19ワクチンは導入以来、その安全性と有効性に関して多くの疑問や懸念が提起され、激しい議論の中心となってきました。

COVID-19注射には、非常に有毒で導電性の物質である酸化グラフェンが微量に含まれているのではないかという憶測も飛び交ってきました。

続きを読む

鼻/口/皮膚から入ってくる酸化グラフェン

Walk in the Spiritさんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202306100000/
<転載開始>
オレは接種してないから酸グラ関係ないよ、ではない、


食品/薬は磁気を帯びている(2021年08月06日)

経口投与の方法です。肉類、お茶、カモミール、シリアル、クッキー、ラクトースフリーのミルク、ココア、輸液などの食品にもグラフェンが含まれていることがわかっています。

*これって、フッ素添加と重なる、


共産主義者による最も恐ろしい計画「フッ素添加」は1946年に始まった
マンドレイクよ、知ってるか?
水道にフッ素を添加していることに加え、その他への実験が進行中なのを。
塩、小麦粉、フルーツジュース類、スープ、砂糖、ミルク、アイスクリーム、
ソー、マンドレイクよ、子供が食べるアイスクリームもだ。

続きを読む

酸化グラフェンは電磁波で回路を形成する

Walk in the Spiritさんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202305280000/
<転載開始>
この事実は、

デルガド、マットテイラーなどによっても指摘されていたが、


ファイザー社の注射 1 滴の顕微鏡検査により、自己組織化グラフェンベースの
カーボンナノチューブが明らかになりました – Ricardo Delgado 2022年8月24日



自己組織化する酸化グラフェンは未接種者にシェディングする

エクアドルでオーガニック農場を営む​​電気エンジニアのマットテイラー、
バイアルで、WiFiに反応し、
何回やっても再現性を有する自己組織化する何かを発見、

続きを読む

ジブラルタルで発見された歯科用麻酔薬に含まれる酸化グラフェンの疑い Hannah Michaels

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/5g/graphene-oxide%20in%20dental%20a
<転載開始>

Suspected presence of graphene-oxide in dental anesthetic found in Gibraltar April 27, 2023 / In-Depth ReportsLatest Posts / By Hannah Michaels

https://gibraltar-messenger.net/reports/suspected-presence-of-graphene-oxide-in-dental-anesthetic-found-in-gibraltar

2023425日、ジブラルタルで4種類の小瓶が地元の歯科医と科学者によって検査されました。顕微鏡でグラフェンシグネチャーの糸と画像を観察したとき、二人は「これは正気の沙汰ではない」と言いました。

これらの顕微鏡写真画像は、ジブラルタル・メッセンジャーに共有されました。また、スペインの生物統計学者リカルド・デルガド[Ricardo Delgado]にも共有されるでしょう。

歯科用注射麻酔薬であるリドカインに酸化グラフェンが添加されていることに最初に注意を促したのは、La Quinta Columnaの創設者であるリカルド・デルガドでした-Suspected presence of Graphene Oxide in injectable Lidocaine(注射用リドカイン中の酸化グラフェンの混入の疑い)。ここでは、デルガドの202110月のプレゼンテーションの画像をショートクリップで紹介します。

https://www.bitchute.com/embed/9e2xmOs6HS7a/ 

Detection of graphene in injectable lidocaine B. Braum


続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ